エクセルで財務分析

私は算数数学が得意でありますが、会計(簿記)・経理分野にも精通しているところもあります。数字なら何でも好きですね。

今回エクセルを使って上記の分野のご提供できないかということで、財務諸表を例示作成して分析数値を算出してみました。以下のエクセルファイルになります。

財務分析

流れとしては以下の通りとなります。

1.『財務諸表シート』の貸借対照表の期首の欄に勘定科目に対応する金額を入力する。

2.『当期仕訳シート』に当期に行うべき仕訳を入力する。(200行程入力設定しています)

3.すると自動的に『財務諸表シート』の当期損益計算書と期末貸借対照表の数値等と『経営分析シート』の各種財務分析指標の数値がボンと算出されます。

(上記『経営分析シート』)

事業年度における財務というのはまず期首の貸借対照表から始まります。そこから期中に様々な取引が発生して、仕訳を進めていくことになりますね。そして決算になると決算整理仕訳を行って当期の結果を判断していくわけです。結果というのは主に経営成績(損益計算書)・財政状態(貸借対照表)等、そしてそこから導き出される各種財務分析数値になります。

よって経理担当として行うべきこととしては、期首の貸借対照表(スタート)をはっきりさせること・期中と決算の仕訳をもれなく記帳していくことが大切になります。それができれば後は上記の結果が自動的に算出されることになるのです。

提示のエクセルで使われた主な技術・留意点は次のようになります。

・『当期仕訳シート』は『財務諸表シート』と連動しているので勘定科目を統一させます。また新たな勘定科目を追加させることも可能です。

・『財務諸表シート』の貸借対照表増減欄と損益計算書欄の金額は『SUMIF』関数の技術を用います。

・『財務諸表シート』の貸借対照表期末欄と損益計算書の当期純利益欄は増減させて自動計算されます。

・『経営分析シート』の分析は大きく4つに分けられます。それぞれ『財務諸表シート』の貸借対照表欄と損益計算書欄の該当数値を用いて、公式に当てはめて自動計算されます。

いかがでございましょうか。

『当期仕訳シート』の仕訳を少しでも修正追加させることによって、他の自動計算数値が連動していろいろと変化するので、面白いですね。

実績を入力して分析するだけではなく、次期以降のシュミレーションを立てる意味においても有用性があると思います。

勘定科目や体裁等をご自身の使いやすいように直して、ご利用されてみてください。